フェアトレード&エコショップ オゾン 本文へジャンプ
フェアトレード専門店     オゾン OZONE 


オゾン店長より

2017年8月28日号   

 ごきげんいかがでしょうか? まもなく9月に入ります。
 
昼夜の猛暑、にわか雨などで、ヒマだったオゾン・・・。賑わっ
ていたのは裏庭の雑草たち。好き放題伸び放題。おかげで

私は、長靴に長袖、帽子とマスク、手に軍手・首にタオルな

どまいて草刈りに精を出 しました。まわりでシジミ蝶がヒラヒ

ラ、バッタがピョンピョン。元気な生き物たちの住処って活気

が満ちている。草との格闘で汗水垂らした今は、イチジクが

毎日2~3コずつ熟します。 「果物は生きるモチベーションを

上げる」と中村哲さんの弁!!本当にそのとおり(^.^) すっ

かり食べ頃になったイチジクを味わいながら、明日のささや

かな収穫に期待をふくらませています。9月もがんばれます

ように。  

みなさまへ、夏バテの方には回復と元氣をねがっています。


秋のオゾンニュースをお伝えします。


1.『フェアトレードの世界めぐりと発見』(なごや環境大学共

育講座)のチラシが出来上がりました。共育講座のチラシ

JPGがほしい方には送ります。ご連絡ください。チラシ作成

に当り8月にカンボジア滞在の倉田さんに、クラタ農園の胡

椒畑の写真を送っていただきました。有機農法で力強く胡椒

が成長しています(^.^) このあとも生産者のみなさんの手摘

み仕事で、フルーティな粒胡椒からフェアトレード商品「黒コ

ショウ」となります。過程全体 をとりしきるオーナー倉田浩伸

さんが、初回の講師です。『あの人に迫る(2017年8月18日

中日新聞夕刊)』の記事を見た方も多いと思います。生産者

と消費者に豊かな笑顔で語る倉田さんステキでしたね。2回

目は東京から東 ティモールコーヒーのこと。講師の大坂さん

はかなりの東ティモール通です。3回目は伏見にある 「喫茶

神戸館」オーナー尾藤さん。オゾンはマヤビニックコーヒーを

尾藤さんから入れています。店長の私も久しぶりに講師にな

ります。訪問した韓国での体験を、みなさんに発見してもらえ

るように準備しています。  

参加申込みは、1回講座でも受け付けます。早めのご予約

がありがたいです。(オゾンでも受付可) 質問・申込みは、主

催の地域国際活動研究センター(CDICシーディック)

sugimoto@aift.jp/まで。


2.雑貨棚とアクセサリーテーブルのもよう替えをしました。

秋製品も入荷しています。雑貨って順番に見ていくと、時を

忘れてしまうことがあります。脳細胞は、値段を始め雑多な

ことを考えているように感じます。“フェアトレードの能トレ”に

おこしください(^.^)  久しぶりに少数民族の伝統を活かした

バッグ類を入れました。生産者はタイの北部チェンマイにあ

る「タイ・トライバル・クラフ ツ」で、世界フェアトレード機関(

WFTO)に加入しています。2016年はタイのバンコクで

WFTO―アジア会議が開かれていますね。生産者の暮らし

は、以前は山岳地帯で焼き畑農業をしていたそうですが平

地に降りてからは、伝統的な手仕事で現金収入を得ていま

す。リス族、アカ族、カレン族の商品をオゾンは並べていま

す。配色や丁寧さは見ているだけでもステキです。使わない

ときは壁面に掛け、眺めても美しいです。拡大写真はオゾン

のFBに上げていますよ。  


3.オゾン<▶9月オーガニックコットン(OC)まつり◄>のお

知らせです(^.^) 「NPO日本オーガニックコットン協会

(JOCA)」によれば、オーガニックコットンは、◎遺伝子組み

換え(*GM)の種は使わず、◎ おおむね3年以上化学薬剤

(* 農薬のこと)や化学肥料を使わない畑で栽培され、◎製

品になるまでのすべての工程でできるだけ化学薬品を使わ

ずに作られたもの。◎綿の全生産量の1%未満でしかあり

ません。」(◎と*はオゾンが加えました) ビックリしません

か? 

オゾンやフェアトレードの店では、普通に売っているオーガニ

ックコットン製品ですが、どうやら綿産業の世界では、モンサ

ント社の開発した除草剤と害虫対策をした遺伝子組み換え

の綿が栽培・製品化されています。どうもマスコミではあまり

載ってきませんが、遺伝子組み換えの綿栽培と流通、商品

化が盛んになっているのです。 ささやかながら私の遺伝子

組み換えを調べた結果の想いは、永い地球や人類の歴史

が育んできた“種の壁”や細胞を、20世紀と21世紀の人間が

やすやすと超えてしまっていいのか?ということです。すでに

食品業界では遺伝子組み換え食品のことが記事になり映画

にもなっています。綿についても環境や人間への使用は、長

期間研究はまだないようですから、綿については在来種を栽

培した方が賢いのではないか、です。科学技術を使った効

率主義には、人間欲望と環境破壊のワナがひそんでいませ

んか。


かといって、この不景気の中、ハッキリ言って、オゾンで売っ

ているオーガニック製品、特に布団カバーやシーツ、パジャ

マは私の財布には高額です。

そこで考えたのが

<▶9月オーガニックコッ トン(OC)まつり◄>です。

7,000円以上のオーガニックコットン製品のお買い上げで、

1,000円以上のオーガニックコットン製品をプレゼントします

 9月オゾンは、OC推進月間です(^.^)



以上
   



また、オゾンのFBも下記の通りです。

ご覧ください。

https://www.facebook.com/fairtradeozone/


店長杉本



           
名古屋市が2015年9月19日フェアトレードタウンになりました!

フェアトレードショップ オゾン 
店長 杉本皓子
電話&FAX 052-935-8738
eメールozone@aift.jp
http://aift.jp/ 
(火水・定休 営業時間10:00-18:00)
461-0022 名古屋市東区東大曽根町40-6

 

          
        
    
      
      オゾン裏庭のイチジクと秋空



        
完熟です

 
   
       講座チラシ



       手づくり雑貨



     タイ・チェンマイから

  

 
店長が育てたオーガニック綿花



 OC製品ニットカーディガン
       


   
OC製品パジャマとシーツ



  
   OC製品ベビー用



 
いつもありがとう


営業時間は10:00~18:00
 

定休日は火・水曜日



ごらんいただきありがとうございました